最近では、ゲームでクイズをするのがとても流行っています。私もそうしたクイズのゲームをすることがよくあるのですが、いろいろなクイズを解いていると、自分の好きな問題の方式というものがわかってきます。  私は何が得意なのかというと、それは最もオーソドックスかもしれませんが4択問題のクイズです。私がなぜ4択問題のクイズが得意なのかというと、それは消去法を使うことができるからです。  何も選択肢のない状態から答えるクイズですと、残念ながらこの方式は使えません。それは、ある程度答えをわかっていなければ、当てずっぼうですら答えられないからです。  しかし、4択問題であるならば、自分の中で正解はわからなくても、とりあえず絶対に違うであろうものから削除していけば、その正解率を25%から最大100%まで引き上げることができます。つまり、3つ違う答えがわかっていれば、1つの正解にたどりつくことができるということです。  こうして、4択問題のクイズは論理的に解くことができますので、私は得意なのだと自分で分析しています。