中古車の買取査定の要点として重要性の高いもののひとつに走行距離があります。76-7-135

少なからず走行距離は愛車の寿命とされることもありますのでその車の走行距離が長いとそれだけ、見積もりにとってはマイナス面となります。76-11-135

一般的には走行距離だけで見れば短ければ短いだけ見積額は高値になりますが実はそれほど詳しい判断基準はなく、一定の目安で査定額が算出されます。76-14-135

これについては実際、自動車を自動車買い取り店で売却に出す時も重要視される小さくないポイントになります。76-10-135

例えば普通車の場合年間で10000kmで線を引いて10000kmを超えているとマイナス査定になるなどです。76-6-135

軽自動車だと、年間で8千kmがまた年式が古い割に距離がかなり小さい場合でも見積額が高額になるとも一概には言えません。76-20-135

実際実行してみると良く感じられると思いますが自動車は適時走らせることで車両のコンディションを維持できるものなので距離を走っていない中古車の場合、破損が起きやすいとも考えられる場合もあります。76-17-135

こういったことは車の査定に関しても当てはまります。76-8-135

普通は年式と走行距離での買取査定の要点は、年式と比べて適切な走行距離になっているかというところです。76-19-135

さらに愛車の年式というのも、中古車買取査定の重要なポイントなのです。76-15-135

十分と把握してるというようなかたも多いと考えていますが、一般的には年式については新しいほど買取査定では高評価が出やすいのですが、例外としてそのシリーズにプレミアが付いているものは新しくない年式でも高く査定額が出されることもあるのです。

同一の種類で同一の年式であったとしてもその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされているケースは当然そのブランドで買取額は違ってきます。

自動車の下取り額という場合でも状況により査定額はその時々で異なってくるのです。


76-9-135 76-13-135 76-18-135 76-5-135 76-16-135