店にて利用する際もれなく経験があるかと察しますが店頭の人がわからないことでどちらのレシートを利用者に渡したら良いのか迷うときがあるかと思います。

といいますのも、クレジットカードを決済するとレジからは複数の明細が吐き出されるからでありそれらのうちどのレシートをお客様の方へ渡すのか迷ってしまうという話です。

数枚の使用レシートの正体●これまで述べた数枚のレシートの正体とははどういうものなのかというのは、↓のようになります。

1お客様に渡さなければいけない使用レシート。

2店舗控え用の利用明細。

3クレジットカード会社保管用レシート(署名を行う明細)。

普通は絶対利用者に対して渡すべき利用明細を渡されるはずですが、ごくたまに店舗控え用の紙をお客様へ勘違いして渡すということや署名した方のレシートを渡すというなんていう大きなミスも見受けられるのです。

パートの担当者の場合や、それほどカードが使われない店舗等で会計する際カードを使うとそのような店舗スタッフの困った姿が垣間見れることでしょう(笑)。

いつの日か店舗従業員が誤ったレシートを渡してきた際は、どうぞ「これじゃありませんよ」と正して上げて欲しい。